R

株価を利用する際には株価コードの一覧が必要となってきます。そこで調子に乗って株価コードの一覧を取得してみました

例によってRFinanceYJに追加する関数です

YahooFinanceの銘柄名の頭文字から一覧 ...

R

いつの間にかQiitaに引用されていました。(^^!

うまく動かないとのことなので修正をしてみました。

RFinanceYJはYahooのHTML変更に振り回されているようで、うまく動かない場合が多いです。

js

昨日のサンプルは、クリックイベントの処理がモデルの中に入っているので、ちょっとイマイチだったので、コントローラ側でその辺りの処理をするように再度修正してみました。また、ArrayなどのUndoに対応できる用にコントローラ側でデータ修正 ...

js

前回のサンプルではModelとView辺がうまく分離できていなかったので修正してみた

Backbone.Modelに状態を保存し、イベントを拾って、Undoなどの処理を行うようにしてみた

app.ts
inde ...

js

backbone.undo.jsというBackboneJS用のUNDOモジュールが有ります。

こちらをTypescriptで使用してみました。うまくいったのでサンプルを掲載しておきます

通常、Typescrip ...

redis, scala

PlayFramework2.2でscalaのRedisクライアントbrandoを使用する際にはちょっと注意が必要です。

brando1.0はakka2.3対応らしく、Play2.2ではまだakka2.2の対応となっている ...

redis, scala

前回brandoを使用してRedisの値をGETできたので今回はSubscribeしてみます。

Redisサーバ側から値をプッシュし、それをPlayのWebsocketでブラウザ側に流すため用に特化しています

...

redis, scala

ちょっとはまったのでメモ。

scalaのRedisクライアントには何種類か有ります。

当初scala-redisを使っていたのですが、Pub/Subする際に、内部的にスレッドを生成しているようで、大量のPub/ ...

c

c言語は速いのはいいのですが、いかんせん標準ライブラリ群が貧弱な面は否めません。

文字列周りの処理だとC++のSTLあたりを使用すれば簡単ですが、純粋にCで簡単に作成してみました

string_buffer.h

java

文字列からEnum型へ変換するサンプルです