Backbone.UndoをTypescriptで使ってみた その3

2019年8月26日

昨日のサンプルは、クリックイベントの処理がモデルの中に入っているので、ちょっとイマイチだったので、コントローラ側でその辺りの処理をするように再度修正してみました。また、ArrayなどのUndoに対応できる用にコントローラ側でデータ修正する際に、深いコピーでモデルに入れるようにしないといけないのでその辺りも合わせて修正しました。

  • app.ts
  • index.html

次に単体テストをmochaを使用して記述してみます。

予めmocha.js,mocha.d.ts,mocha.css,asert.js,assert.d.tsを用意しておく必要があります。

書いていてわかったのですが、実はBackbone.undo.jsはデータをスタックする際にタイムスタンプを用いているらしいので、テストユニットでババっと流すと、同じタイムスタンプでスタックされてしまい、思い通りの動きになりません。

そこで、テストユニットにはsettimeoutで少し実行間隔を開けてやることにします。

  • app-test.ts

done()を入れることにより、同期をとったテストを実行できます

  • app-test.html

本来ならば、gruntとphantom.jsを用いてコマンドラインから実行するのが普通でしょうが、このapp-test.htmlをブラウザで開くだけでもテストを実行できます。エラーなどはchromeのデバッグツールで確認して下さい

サンプルはこちらにアップしておきました

https://github.com/anagotan/typescript_sample/tree/master/undo

js

Posted by k-utsubo