PlayFramework2.1でセッションタイムアウトを作ってみた

2019年8月26日

PlayFrameworkのセッションはCookieになります。ブラウザを閉じるまで有効なので、従来のservletなどで実現してきたsessionの観念はありません。

これが意外と困ってしまうので(タイムアウトした際にログアウトさせるなど)Cookieに時間を持たせることによりにたようなものを実装してみました

routes

controllers.Application.scala

helper.Login.scala

本来ならばログインIDとパスワードとつきあわせてチェックするのですがとりあえず必ずOKになるように

helper.Session.scala

クッキーに保存した時刻と現在時刻を比較し、ログアウトの判定

views.index.scala.html

views.login.scala.html

ログイン後1分放置するとログイン画面に戻ります