カテゴリー別アーカイブ: AWS

AmazonS3にjavaSDKを用いて文字列を書き込む

ポイントは2回InputStreamを作成することです。

http://stackoverflow.com/questions/8351886/amazons3-putobject-with-inputstream-length-example

EMRでHadoopのJavaサンプル

こんな感じでディレクトリ作成します

pom.xmlを作成します

eclipseで読み込めるようにします

Javaファイルはこんな感じ

WordCountMain.java
WordCountMapper.java
WordCountReducer.java

Jar作成

AWS Console

  • まずEMRを作成します
  • Cleate Clusterから Go to advanced optionsへ
  • Hardware ConfigurationでEC2 instance typeを必要に応じ変更。m1.mediumが最安かな?
  • VPCに対応したのでVPC内に作成したい場合にはここで選択
  • その他、キーとかSecurityGroupなどを適宜設定します
  •  その後、作成したJarをS3へコピーしておきます
  • WordCount用のファイルをS3へコピーします

Stepsから起動します

  • StepTypeはCustomJARを選択
  • JAR locationに先ほどコピーしたJarファイルのS3のLocationを入力
  • Argumentsに

ちなみにouputディレクトリをあらかじめ作成しておくとエラーになります

AmazonEMRでSparkを動かす

結構はまってしまったのでメモ

VPC内に作成したEMRでSparkを動かしました。サンプルはいろいろなところにそこそこあるのですが、どうもきちっと動くものがなく結構苦労してしまいました。

EMR

まずはVPC内にEMRを作成します。EMRのコンソール画面を開き、CreateClusterを押します。

VPC内に作成するためには上の方にあるGo to Advanced optionから進む必要があります。

VPCとサブネットを設定し、パーミッションなどを設定しクラスターを作成します。

計算プログラム

こんな感じでディレクトリ作成します

なおscala 2.10,jdk1.8を使用しています

s3にあらかじめbucketという名のbucketとその下にoutputディレクトリを作成し、EMRから触れるようにパーミッションを設定しておきます

build.sbt
assembly.sbt
SparkPi.scala
make

できたjarファイルをS3にコピーします

実行

EMRのadd StepからCustom JARを選択

JARLocationに先ほどアップしたJarを選択

Argumentに

こんな感じで実行

しばらくたつと s3://bucket/output/piいかに結果が格納されています。

AWS EMR でSparkRを使って見る

AWSEMRとは、SparkやらHiveやらそれら一式を簡単に使える様にしてくれている仕組みです。

ぽちぽちっとEMRでサーバを作成。

この間10分程度

SparkRでサンプルデータを解析してみます

こちらの内容をアレンジしてみました

http://engineer.recruit-lifestyle.co.jp/techblog/2015-08-19-sparkr/

データ取得

http://stat-computing.org/dataexpo/2009/the-data.html

こちらから2001、2、3のデータをダウンロード

unzip

s3にアップロード

同様に2002,2003も繰り返す

Hive

SparkR

こんな感じで簡単にできました