CocoaのFrameworkでSTLを使ってみる

Pocket

最近Cocoaにはまっています。Windows用に作成したライブラリをMacへ移植してみたのですが意外とはまったのでメモ

環境

  • MacOX10.9
  • XCode 5

TestAppという単純なアプリを作成しその中からSTLで作成したFrameworkを呼ぶことにするサンプルです。

UtilsというなのFramework

まず、ライブラリの作成です。XCodeでOSX用のCocoaFrameworkを作成します。

作成した後にファイルの追加で以下のヘッダファイルとC++ファイルを追加します

  • Test.h
  • Test.cpp

ついでにObjective-Cのクラスも追加します。こちらを参考に

  • Utils.h
  • Utils.m

それぞれのヘッダファイルをPublickにしたのちに、コンパイルするのですが、Build Rulesの Apple LLVM 5.0 Language C++のC++ Language Dialect を -std=c++11へ、C++ Standard Libraryを libc++(LLVM C++ standard library with C++ 11 supportへ変更します。また Apple LLVM 5.0 Language のCompile Source As をObjective-C++へと変更しておきます。

これでコンパイルOKのはず

TestAppというアプリ作成

OSXのApplicationのCocoaApplicationからプロジェクトを作成し、テキストボックスとボタンを配置しておきます。また、プロジェクトのFrameworksに先ほど作成したUtilsのフレームワークを追加しておきます。

  • AppDelegate.h
  • AppDelegate.m

先ほどのライブラリと同様にBuildSettingを変更しておきます。

これでコンパイルとリンクがOKのはず。。

ボタンを押すとライブラリで計算した値がテキストボックスに出るはずです